« オブジェクト指向に対する抵抗感 | メイン | Google Maps API を SSL で使えるようにしてみる。 »

UserPrivateGroup の使いどころ

unix 系のサーバにアカウントを作成する際に、

というように 'someone' のプライマリグループとして 'someone' を設定する事がある。
このようなポリシー、またはこのような 'someone' グループを User Private Group というらしい。

なんか意味無くグループ増えるだけじゃん…と思って、ここ最近では避けるようにしていたんだけど、
本日ようやく使いどころがわかった。

プロジェクトチームでファイルを共有する場合、

  1. 同じグループ 'project' に 'someone1', 'someone2' が参加している状態にして、
  2. 共有したいファイルの所有グループを 'project' にし、
  3. グループ読み書き権限を付与しておく
…というのは良くあるケースだと思う。
2,3 を実現するためには、それぞれ、 setGID, umask(002) を使ったりする。

このようなケースで、
User Private Group ポリシーを採用していない場合、つまり

のような場合、共有したくないファイルを作成するのが難しい。
普通にファイルを作成するだけで someone1:project の所有物となり、
umask(002) の効果で、自動的に project グループで共有されてしまう。

一方、User Private Group ポリシーを採用していれば、
普通にファイルを作成した場合は、 someone1:someone1 の所有物となり誰とも共有されず、
project グループで共有されるのは setGID されたディレクトリ内だけになる。

この違いが、重要な場合もあるだろう。
例えば、共有レンタルサーバの管理とかする場合は必須だろうと思う。

# umask のほうをディレクトリ毎に設定するのも一案だが、その方法は、まだ知らない。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tonextone.com/type/app/mt-tb.cgi/17

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

最近のコメント

アーカイブ

フィード

このブログ

RSS 2.0 / ATOM

AdSense

del.icio.us

flickr