« Re: Emacs の moccur-grep-find で特定のファイルを無視したい | メイン | The Art of SQL「10 章 戦力の結集」「11章 計略」から読み取ったこと。 »

The Art of SQL「4 章 策略」から読み取ったこと。

  1. 効果的なフィルターとして働くカラムを見つける。
  2. なるべく早い段階で、そのフィルターを適用する。

例1: 結合する前にフィルター

結合する前にフィルタリングできるならば、そうしたほうが速いに決まっている。

旧来の結合構文でも、同様。

例2: IN か EXISTS か?

サブクエリの内側のフィルターが効果的な場合は IN (非相関サブクエリ)
サブクエリの外側のフィルターが効果的な場合は EXISTS (相関サブクエリ)
ただし、相関サブクエリの結合キーには、インデックスを張るべし。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tonextone.com/type/app/mt-tb.cgi/24

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

最近のコメント

アーカイブ

フィード

このブログ

RSS 2.0 / ATOM

AdSense

del.icio.us

flickr